子どもの成長だけに向き合うと中学受験は成功しやすい

中学受験の日が近づいてくると、親子ともに心が焦ってしまいがちになります。それは中学受験に対して必死に向き合っている証拠ですから、何ら悪いことではありません。

その一方、両親の焦りの感情が間違った方向へ向いてしまうことに注意する必要があります。
特に、自身の子どもの学力面の成長度合いが良くないばかりに、他の家庭の子どもと比較してしまうようなことがあってはなりません。

中学受験に取り組んでいる目の前の子どもにだけ意識を傾けなければ、試験当日に思いもよらない事態が発生してしまうことになりかねないからです。

人生経験が豊富ではない子どもにとって、中学受験は最上級に緊張することの一つであると考えられます。
そんな状況下で他の家庭の子どもと比較されてしまえば、一段と不安な気持ちに押し潰されそうになることは想像に難くありません。にもかかわらず、両親が焦ってしまい子どもを不快にさせるような発言をしてしまうと、中学受験の勉強に熱意を傾けられなくなる可能性が高くなります。

結果として、中学受験当日になって自信喪失してしまい試験会場に足を運びたくないなどと子どもが言い出すことが考えられます。
このような事態は、自身の子どもの頑張りだけを認めてあげるようにすれば回避できます。